2014年 06月 19日

Nikon カスタムピクチャーコントロールユーティリティー

2014年(平成26年) 6月

NikonのD4sとD7100の両方を使いだした。
普段はRaw撮り、撮影時の設定はピクチャーコントロールは「スタンダート」、アクティブDライティングは「しない」設定でPhotoshop CCのカメラRawから現像処理をこなしていたのだが・・・。

a0278951_1939733.jpg

 ↑ 一般的な撮影に適していると表記されておる「スタンダート」のピクチャーコントロールの画

a0278951_19562472.jpg

2014/6/13 12:53
D4s+AF-S 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR (195mm)
1/800s f/6.3 ISO100
Nkon capture NX-D ピクチャーコントロール「スタンダート」

Topライトで機体上部の部分が白トビして階調が失われている。


Nikon CaptureNX-DでRaw現像処理してみた。
これが、見事にツボにはまりアクティブDライティングの優位性、カスタムでピクチャーコントロール作って適応、予想より、トーンの表現が良い。

とくに、ハイライトの白とびギリギリの部分のトーンが柔らかくなって眠い画ではなくて、こしは有るけどトーンの階調がうまく出てくる感じ。

a0278951_1941084.jpg

 ↑ カスタムピクチャーコントロールユーティリティーから、新しくピクチャーコントロール制作して適応してみた


a0278951_20104431.jpg

Nkon capture NX-D ピクチャーコントロール カスタム制作

一部、白トビ部分が、見えるが随分とハイライト部分が復元して見えてきたぞ!


ヒコーキ写真の定番は クッキリ、ハッキリの画が好まれるようです。そのために、コントラストを上げて、色彩を鮮やかに、シャープネスをかけて。

ではなくて、ハイライトに諧調を出して、シャープに見せるレタッチがあっても良いと思いますが・・・。
まだまだ、研究は続く・・・。

by dreamconcorde | 2014-06-19 20:27 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(2)
Commented by frame_blue at 2014-06-21 01:07
チーフこんばんは~
よりよいフローを見つけた時の嬉しさは格別ですね。
>ハイライトのトーン
ハイライトのカーブを立てると抜けの良い絵ができるのでヒコーキには必須の処理。
トーンカーブを見ればわかるように、どこかを立てればどこか寝るわけなんですよね~ その寝かせる部分をどこにするかも大切ですよね。
まあつながり無視のどこもかしこも立てるのがローカルコントラスト強調なんですが^^
Commented by dreamconcorde at 2014-06-22 20:21
師匠、こんばんは。
トーンカーブだけでは、やはりシャドー、ハイライト、中間調と整えるのは難しいですね。レイヤー使わないと・・・Photoshopを使う意義の一つにレイヤーがありますから・・・、出来るだけ、簡単なワークフォロー作ろうと苦戦してます・・・。レイヤー1枚だけでの調整には限界がありました。

DSC-RX100M2、なかなか良さげですね~。35mmフルサイス>1インチ>1/2.3とセンサーサイズ通りの画質でしょうけど。スナップ撮りにはとても魅力的に写ります。
ポップupEVFもいいなぁ~。
Nikon P7100の後継機にはソニーのDSC-RX100M3を考えます!



<< Nikon D4s      Kitakyushu ジャンボ... >>