2014年 10月 11日

ヒト桁流し・・・夜撮検証!

2014年(平成24年)9月

デジタルに移行してから主にAPS-Cを使って、今まで夜撮を撮影してきました。
それまでの銀塩時代には現像代がもったいなくて、ヒト桁流は出来ませんでしたが、
現像代がかからないデジタルになってからの撮影方法の一つに夜流しが定着しました。
もともと、アマのヒコーキの間で流行りだしたのがきっかけで・・今ではプロまで撮影するよう・・。

そして、時代は進みフルサイズD3s→D4sを使って夜撮をするようになり、ノイズ、階調の表現、すべてにおいてフルサイズ有利と思いきや・・・。
ミラーショックが原因と思われる微~妙なブレの影響はヒト桁流しには悪影響でした。

検証も兼ねて改めて、撮影に出かけてきました。
a0278951_17462056.jpg

2014/9/13 21:09
D4s+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
1/2S F/5 ISO6400

↑どうでしょ?1/2sで機体部分が全部が留まるはず無い(角度的にも)のですが、全体的にぶれてますね~。これ、EOS系の30D 7Dでは、止まりそうです。

a0278951_193266.jpg

2007/6/1 20:10
EOS 30D+EF300mm f/2.8L IS USM
1/4s f/3.5 ISO800
↑APS-C全盛期のメイン機材で撮影した時の画


a0278951_17491796.jpg

2014/9/13 21:25
D4s+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
1/2s f/5.6 ISO6400

↑微~妙に止まらない・・・。
これまた微妙に真横にフルだけのshotではなく、微妙に水平線がナナメになってるんですね。
難しいfukですな・・・。

a0278951_17522111.jpg

2014/9/13 21:12
D4s+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
1/2s f/5 ISO6400

この位置にくると、まぁまぁ~見れるかな?


a0278951_17544949.jpg

2014/9/13 20:35
D4s+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
1/3s f/5.6 ISO6400

↑1/3sにすると、若干、ブレも改善されてる?

次回は、Vr後の離陸シーンのナナメ ヒト桁流しを撮影して検証してみたいと思います








a0278951_1811754.jpg

2014/9/13 19:40
D4s+AF-S 800mm f/5.6E FL ED VR
3s f/7.1 ISO200

by dreamconcorde | 2014-10-11 20:12 | 夜撮 | Comments(2)
Commented by frame_blue at 2014-10-12 01:28
チーフこんばんは
微妙なミラーブレの前に凄まじいほどのスロー流しに驚きです^^;
1/2秒でしかも引きで、かなり難しい条件でもうこれ以上は望めないでしょう。
そもそもミラーブレが気になるレベルの完璧な流しなど初めて見ました。
ミラーアップによる振動はかなり高周波の振動ためにSSが速くても確実に影響を受けると思うのですが。
SSが遅くなるに従い振動が減衰した後の分の露光が加算されるのでトータルでは影響が減っていくのではないのかな?
(共振の要素等もあるので一概に言えない部分もあるとは思いますが)
まあ振動が1/2Sより長く続くようであればほとんど同じでしょうけど
なので1/3Sが1/2Sよりミラーブレの影響が少なくなるということはないのかなぁと思います。
対策が施されたD810を使えば完璧なのでしょうね。
それにしても流しテク惚れ惚れするほどお見事です。 絵も美しい!!!^^
Commented by dreamconcorde at 2014-10-12 10:31
師匠、おはよーございます。
わずかなミラー振動が画質に影響与える1/2sの世界、もはやミラーレスしか解決方法はないかもしれません・・(汗!)。
角速度も重なるfukの流しは難しいですね~。真横に振るだけなら問題ないのでしょうけど、深度の関係も出てくる?ので少しは絞った方が機体全体がボケなくてよいかもしれませんけど・・。
もともとフルサイズのミラー振動はAPS-Cよりデカイのでしょうけれど、この編の対策はD810では施してあるようなのでD4sにもして欲しいですね。
ビミョーなブレがただ単に限界値なのか?カメラ本体の振動によるものか?はたまたニコン特融のVR機構によるものか?原因追究が・・・。少なくともキヤノンのEFレンズのISではなかった現象でしたけどね~。
久々に超スローの世界、出来は置いといて楽しめました(笑)


<< 2014~今季初の本格的な撮影...      PowerShot G7X >>