2016年 02月 19日

最適の写真現像&レタッチ環境とは・・。

2016年(平成28年)2月

adobe RGBで撮影あと、モニターで輝度、色彩を見ながら現像。
その後、Webへのupなら、そのままでも良いが自宅で印刷となるとそれに適した環境が必要。

ハードキャリブレーションモニターのEIZO CG277を1年前に導入したのだが、自宅でcanon pro-100で印刷すると、輝度も色彩も違う。
印刷された写真をモニターと見比べると輝度は暗く、色彩は、かすんで見えるのある。

もう一段の向上を・・・マッチングさせたいと思い、外付けのセンサーと、色評価蛍光灯(5000KB)を導入してみた。
a0278951_19422726.jpg


外付けセンサーは環境光も測れる「COLOR munki PHOTO」
色評価蛍光灯はEIZOが他社から供給されて販売してる蛍光灯スタンドのZ-208-EIZO

印刷の理想の環境光とは500lm 80cd 5000kbとの事。

まずは、普段、現像している環境光の測定をしてみた。
1000LX以上はある。 と~っても明るいのだ。
a0278951_19554115.jpg


色温度は測れないのだが、色評価蛍光灯5000kbの色と天井に付けているLEDシーリングライトの色が同じ付近を探す。
7段階のうち、寒色から2番目の色が似てるけど・・・微妙~に違う。

天井のシーリングライトを消して色評価蛍光灯スタンドをモニターの底部分から60cm話して環境光を測定したら500lx 80cdに近づいた。

蛍光灯スタンドの位置決めたら、外付けキャりブレーションしてプロファイルを作る。
そして、CG277の専用ソフトから、先ほど制作したプロファイルからモニターキャリブレーションをする。

先ほど制作設定したプロファイルに近づくようにCG277の輝度、色などを調整する。
最後に検証を行う。

この検証をする事によって、モニターキャリブレーションに使うセンサーやモニターの輝度、色彩調整の経年劣化を知る事ができるそうだ。
a0278951_200355.jpg


そして、ΔEab=3 以下なら問題ないらしい。
なかなか、奥が深いなぁ~。
モニター、環境光、プリンター、Photoshop ccの設定など。
a0278951_2062910.jpg


webで見せる輝度、色彩
印刷で見せる輝度、色彩
それぞれに応じたモニター設定で現像&レタッチしなきゃならんので・・・(汗!)。

まだまだ、奥が深い世界だな~・・。

by dreamconcorde | 2016-02-19 21:32 | 現像&レタッチ | Comments(2)
Commented by frame_blue at 2016-03-06 20:00
チーフこんばんは ご無沙汰してます。
最強のモニター環境が整いましたね~^^
スタンダードを知ってるということは色んな意味において大事なことですよね。
ただプリントに関しては、加色混合(RGB)と減色混合(CMY)ではあまりにも違いが大きく、そこは感覚に頼るしかない部分ですね^^

最近良いハイエンドコンデジが目白押しですね。チーフも欲しいものがあるのでは?^^
Commented by dreamconcorde at 2016-03-06 20:32
師匠の仰る通りで最後の色合わせは感と経験がものを言うと思いますね。RGBとCMYですからね。
G7xがマークⅡに地道に進化してるんですがニコンDL18-55mmが狙いですね~。18mmスタートでナノクリスタルコートなんで夜スナップに重宝するかもと期待しております


<< 短コブ ジャンボの存在      2016年、初めての山岳登山隊 >>