カテゴリ:3発機( 7 )


2014年 08月 10日

小さな3発機

2005年(平成17年) 9月

小さな3発機を追い求めてローカルな空港へ出向いた。
旧北九州空港。
1600mの滑走路1本、平行誘導路なし。滑走路末端にターニングパッドはあるもののB6などのワイドモディ機材離発着はできない。JetはB737まで。
つまり双発機しか降りた事がないのだか、そこへ小さな3発機が降りてきた。
a0278951_19432133.jpg

2005/9/25 12:36
D2H+AiAF 80-400mm f/4.5-5.6D 185mm(277mm)
1/250s f/8.5 ISO200


その名はヤコブレフYak40。
短距離用で不整地にもLandiが可能。
30人そこそこしか乗れないのだが、機体後部には昇降用のタラップも整備されていてPBBが無くて乗降できるのである。
a0278951_1945130.jpg

2005/9/25 12:41
D2H+AiAF 80-400mm f/4.5-5.6D 116mm(174mm)
1/1000s f/9 ISO200
JALの整備士たちも珍しいのでしょうね~!


a0278951_19464041.jpg

2005/9/25 12:48
D2H+AiAF 80-400mm f/4.5-5.6D 400mm(600mm)
1/1000s f/5.6 ISO200

APUが無いんだろうか?CAさん、暑い機内より、外の日陰をさがす!?

a0278951_19484274.jpg

2005/9/25 12:50
D2H+AiAF 80-400mm f/4.5-5.6D 310mm(465mm)
1/640s f/5.6 ISO200

簡単なチェックも、ごらんのとおり?ってパイロットがエンジンの中覗き込んでる~小さな3発機ならでは


a0278951_19504929.jpg

2005/9/25 13:18
D2H+AiAF 80-400mm f/4.5-5.6D 400mm(600mm)
1/1000s f/6.3 ISO200

短いランウェイでもごらんのとおり、それなりに迫ってくる感じは出てるかも???

by dreamconcorde | 2014-08-10 21:03 | 3発機 | Comments(0)
2014年 08月 03日

DC10 From Runway34 departure Night!

2005年(平成17年)5月

この時代は、まだまだ3発機が残って活躍していました。
福岡でもホノルルとの間にJALが毎日DC-10で運航。搭乗率もそれなりに良かったのですが、客単価がデフレで下がり結局、儲けを出せなくて撤退しました。

今でも思い出します!
追い風10KTでも日没とともにILS16へランチェンする福岡空港。
その中、19:30頃、1機、リクエストランウェイ34Depで上がってゆく3発機
福岡空港の滑走路が短いのでギリギリの上がりになるのです。
少しでも風向風速、そして滑走路の傾斜まで計算して(34方向へ下り坂)有利な滑走路を使おうと、ギリギリで上がってゆくシーンは迫力ありました。!

a0278951_19354488.jpg

2005/5/21 19:38
D100+VR80-400mm 360mm(540mm)
1/8s f/5.6 ISO1600
0番スポットの丘より撮影・・・今ではこのイチに機体が居る事自体・・信じられません

まだまだ、デジタル一眼の性能は今ほど良くなく、ISO1600ではご覧の荒れようでした。
でも、フィルムから移行してきた僕には夢のようなシャッターチャンスに心躍らせたものでした。

今のデジタル性能とレンズがあればね~・・・毎回思いますね。

by dreamconcorde | 2014-08-03 16:26 | 3発機 | Comments(0)
2014年 07月 12日

MD-11

2004年(平成16年)8月

この頃は、まだまだ大気も綺麗でPM2.5で視界不良で白っぽい空とは無縁の時代。
そして、ヒコーキに求められ始めたのは、運航効率と安全性。
初就航から10年で引退が決められたMD-11。

これまで、太平洋横断はジャンボの4発機か3発機のDC-10.MD-11と決まってたのだが、トリプルでも運航可能となり3発機の出番が無くなってきて、MD-11の引退が早々と決定された。
そして この頃から航空会社にもゆとりがなくなってきたような気がします・・・。

a0278951_19212189.jpg

2004/8/12 7:29
Nikon D2H+AiAF 80-400mm f/4.5-5.6D 250mm(375mm)
1/1000s f/6.3 -0.3EV ISO200

特徴的な第二エンジン、Wingretの主翼。
ナナメ前からのシーンでも、カッチェエエ~!


a0278951_19352684.jpg

2004/8/12 7:29
Nikon D2H+AiAF 80-400mm f/4.5-5.6D 135mm(202mm)
1/1000s f/8 ISO200

絵葉書shot、紺碧の青空。
最近、紺碧の青空の中撮影したことないな~・・・。
思い出の3発機・・・。

by dreamconcorde | 2014-07-12 19:21 | 3発機 | Comments(0)
2013年 12月 10日

DC-10 正面から

2002年(平成14年)12月

今では見れない3発機の正面からのシーン・・・あ~あ懐かし~今から11年前かぁ。
もう一度来て欲しいな・・・3発機に!


a0278951_1815343.jpg

2002/12/29 10:57
D100+Σ50-500mm 500mm(750mm)
1/500s f/9 ISO200 -1EV

毎回毎回、撮影の度に悩んでました。
第二エンジンを何処まで入れるのが良いか?。
機首上げのタイミングで第二エンジンの見え隠れ具合で印象が違いましたから。
今でも、自分なりの結論が出てません・・・今こんなシーンに会えたなら・・・連射モードで撮影していたでしょうね。当時の一眼デジのバッファはRAWで4コマでしたから・・・辛かった!

34Departureのシーンはこちら

by dreamconcorde | 2013-12-10 20:59 | 3発機 | Comments(2)
2013年 12月 06日

Lockheed L-1011 TriStar

2004年(平成16年)8月

その機体のフォルムは見る者を魅了した。
3発機の独特のエンジンフォルム。
その第二エンジンの流線形状は、同じ3発機のDC-10やMD-11には無いセクシーさを感じる。

2004年・・・あれからfukuoka空港へは Lockheed L-1011 TriStarは来てない。
このシーンが最後であった・・・。
a0278951_2242738.jpg

2004/8/26 21:00
D100+VR80-400mm 160mm(240mm)
1/6s f/2.8 ISO200
ベルボンマーク7LV+マンフロット503

by dreamconcorde | 2013-12-06 18:18 | 3発機 | Comments(2)
2013年 12月 01日

その足は、いつも迫力ある瞬間を見せてくれた。

2004年(平成16年)10月
いつも、いつも、迫力あるスモークを焚いてLandingシーンを見せてくれた3発機。
その操縦特性の影響か?タッチダウンの瞬間はドスン!と音が聞こえてきそうな着地を見せてくれたDC-10,MD-11。ジャンボ以上に重量感感じさせてくれてました。
a0278951_19532356.jpg

2004/10/24 15:22
D2H+VR80-400mm 400mm(600mm)
1/1250s f/6.3 ISO200 -1/3EV

by dreamconcorde | 2013-12-01 17:22 | 3発機 | Comments(0)
2013年 10月 15日

JAノL アーク尾翼

2004年(平成16年)10月
2002年にキヤノン、ニコンから本格的なアマチュアターゲットとした一眼デジを発売開始して2年。まだまだ夜撮ヒコーキがマイナーな部類な時・・・そのデジの可能性を感じて。
Fuk名物0番スポットの丘と言われる場所。
冬の朝イチやLanding寸前の夜流し、さらにはスポットinの撮影が今でこそメジャーになりました
が、僕が撮影してたこの当時、ほとんど夜撮影している人はいなかった時代(笑)。
落ち着いて一人の世界に入って撮影してました。そう、じっくりと・・・。
a0278951_201375.jpg

2004/10/5 21:41
D100+VR70-200mm 160mm(240mm)
1/10s f/2.8 ISO400

クリックしたら大きいサイズでご覧になれます。

by dreamconcorde | 2013-10-15 18:00 | 3発機 | Comments(0)