カテゴリ:現像&レタッチ( 2 )


2016年 02月 19日

最適の写真現像&レタッチ環境とは・・。

2016年(平成28年)2月

adobe RGBで撮影あと、モニターで輝度、色彩を見ながら現像。
その後、Webへのupなら、そのままでも良いが自宅で印刷となるとそれに適した環境が必要。

ハードキャリブレーションモニターのEIZO CG277を1年前に導入したのだが、自宅でcanon pro-100で印刷すると、輝度も色彩も違う。
印刷された写真をモニターと見比べると輝度は暗く、色彩は、かすんで見えるのある。

もう一段の向上を・・・マッチングさせたいと思い、外付けのセンサーと、色評価蛍光灯(5000KB)を導入してみた。
a0278951_19422726.jpg


外付けセンサーは環境光も測れる「COLOR munki PHOTO」
色評価蛍光灯はEIZOが他社から供給されて販売してる蛍光灯スタンドのZ-208-EIZO

印刷の理想の環境光とは500lm 80cd 5000kbとの事。

まずは、普段、現像している環境光の測定をしてみた。
1000LX以上はある。 と~っても明るいのだ。
a0278951_19554115.jpg


色温度は測れないのだが、色評価蛍光灯5000kbの色と天井に付けているLEDシーリングライトの色が同じ付近を探す。
7段階のうち、寒色から2番目の色が似てるけど・・・微妙~に違う。

天井のシーリングライトを消して色評価蛍光灯スタンドをモニターの底部分から60cm話して環境光を測定したら500lx 80cdに近づいた。

蛍光灯スタンドの位置決めたら、外付けキャりブレーションしてプロファイルを作る。
そして、CG277の専用ソフトから、先ほど制作したプロファイルからモニターキャリブレーションをする。

先ほど制作設定したプロファイルに近づくようにCG277の輝度、色などを調整する。
最後に検証を行う。

この検証をする事によって、モニターキャリブレーションに使うセンサーやモニターの輝度、色彩調整の経年劣化を知る事ができるそうだ。
a0278951_200355.jpg


そして、ΔEab=3 以下なら問題ないらしい。
なかなか、奥が深いなぁ~。
モニター、環境光、プリンター、Photoshop ccの設定など。
a0278951_2062910.jpg


webで見せる輝度、色彩
印刷で見せる輝度、色彩
それぞれに応じたモニター設定で現像&レタッチしなきゃならんので・・・(汗!)。

まだまだ、奥が深い世界だな~・・。

by dreamconcorde | 2016-02-19 21:32 | 現像&レタッチ | Comments(2)
2015年 01月 26日

撮影から現像~プリントまでのワークフォロー考

2015年(平成27年)1月

キャブリエーションモニターCG277を導入して次に考えた事は、撮影から自宅プリントまで一貫した作業色域で現像~レタッチ~プリントをする事。

まず、第一段階として撮影時にはカメラの色域設定をsRGB→Adobe RGBする。
しかし、RAWで撮影しているぶんには関係ないみたい。
現像時にソフトで色域を選択できるようだ。

第二段階では、モニターの設定をAdobe RGB色域を選択し
「写真」評価モードか?
「印刷」評価モードか?
を選ぶ。

続いて現像ソフトであるphotoshop ccのカラー設定する
a0278951_20311573.jpg

Photoshop ccでのカラー設定の場面

①今まではニコンNX-Dを使用してRawから展開する時はsRGBで CameraRaw(Photoshop)から展開する時はAdobe RGBとなっていたのをRawから展開する時は、2種類のソフト共にAdobe RGBから展開へ。設定変更。

②次の段階ではPhotoshop cc 2014を使って現像&レタッチをするのだが、ここで見解が分かれる。
最終目的が

1、プリント(Canon Pro100)での出力が目的の場合か?
2、Webなどへ投稿してモニターで見せる場合か?

a0278951_20325855.jpg

まず1、の場合(プリント)ではPhotoshop の設定から表示>校正設定


a0278951_20331645.jpg

から校正条件のカスタマイズを選んで、プリントする用紙のICCプロファイルを設定する

マッチングの方法を 「相対的な色域を維持」にして黒点の補正に レ を入れる。
a0278951_2034167.jpg

校正のカスタマイズから印画紙のプロファイルを設定する場面。

以上のような設定をしてからレタッチ~プリントまで持ち込めば、ほぼ、プリント印画紙と似たような印刷結果となる。

続いて2、のWebなどへ投稿する場合は

1、モニター設定を「写真」評価モードにする。
2、Photoshop ccの校正設定をsRGBにして 「RGB値を保持」の レ 点を外す。
マッチングを「知覚的」へする。
黒点の補正に レ 点を入れる。
a0278951_2050476.jpg

sRGB設定場面
設定したらレタッチである!。

最低限の設定を以上の通り!
ほんとに、この設定であってるの??(笑)。

続く・・・。

by dreamconcorde | 2015-01-26 21:00 | 現像&レタッチ | Comments(0)