カテゴリ:カメラ、レンズ、機材( 29 )


2017年 01月 21日

nikon 200-500mm f/5.6E ED VR

2017年(平成29年)1月

発売から1年経って値段もこなれてきたニコンの望遠ズーム 200-500mm
発売から2年経過して、そろそろ後継機の噂話が出てきて底値のD7200を導入した。

200-500mmのズームレンズは、評判が良く、遠景も絞り開放からシャープとの書き込みあり。
フルサイズでも活躍しそうだけど、DXだと超望遠焦点域になり750mm。
しかも価格が15万前後で手に入るので人気で、一時期は納品にかなりの時間を要したようです。

そんな前評判高いレンズと、D7200の組み合わせ。
D7100を所有しておるのですが、Raw連続撮影だと、どうしてもバッファ6コマ詰まりで使い勝手が悪い。
その点、D7200は3秒連写(18コマ)はキレるので安心。

D500に行かなかったのは、どうしても2000万画素が・・・ひっかかった。
D7100やD7200の2400万画素を遠景望遠でトリミングと考えると、400万画素少ないのは・・・???

とりあえず、記念の1枚
a0278951_2031638.jpg

iPhone 7Plus

a0278951_20333666.jpg

2017/1/16 9:31
D7100+AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR 500mm(750mm)
1/800s f/5.6 ISO200

a0278951_20352379.jpg

2017/1/15 14:31
D5+AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR 220mm
1/1000s f/7.1 ISO100

a0278951_20362452.jpg

2017/1/15 14:59
D5+AF-S 200-500mm f/5.6E ED VR 370mm
1/1000s f/7.1 ISO100

目前に迫ったジャンボの切り取りディテールは

by dreamconcorde | 2017-01-21 20:40 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(5)
2016年 04月 10日

New Weapon nikon D5

2016年(平成28年)3月26日

この日は、Nikonから新しい機材の発売日。
そうそう、楽しみにしてたNikon D5です。
今回は いつもの店舗からの購入ではなくて東京の通販会社(カメラ屋)からの購入でして・・発表と同時に予約して下取り10%upが魅力で決めてしまいました。

a0278951_17554230.jpg

で~発売日1日遅れで、夕方に到着。
翌日、早速テストシューティングを兼ねて飛行場へ展開。
数shotレリーズした瞬間、D4sとは明らかに違う感覚
ショックが少なく、秒12コマのブラックアウトが短くて見やすいファインダー、そして、コンティニューAFで3Dトラッキングの追従性の性能向上が感じられた。

過去のD2H→D3s→D4s→D5のモデルチェンジの中で、今回の変化は1番進化を感じた。
今回のNikon D5
いろんな機能を試してみたいと思って、また来週と思ってたら・・・。

a0278951_17562032.jpg

なんと初期不良発見。
撮影後、不具合発見。
電源offしてもカードアクセスランプと上部液晶パネルが交互点灯です。
手元に来てから僅か2日で東京のshopへ返送となりました(涙)。

店舗の方も、気持ちよく初期不良を認めて代替え機への交換に応じてくれて、発送してくれました。
が、・・・到着した機材はバッテリー充電できない初期不良が発生(笑)。
1shotもレリーズせず、再び東京へ返送(爆)。

まさかのNikon品質???
D5本体はメイドインJapan 充電器はメイドインチャイナでした。

まさか、の初期不良品に2回も当たるとは・・・ついてるんだか?
と言う顛末で・・・4/9から本格的な撮影となりました。

気になる夜撮での高感度ISO画像は・・・。
D4sと比べてISO3200~ISO12800の画がノイズレスで綺麗に1/3EVほど明るく写せます。
ISO12800~ISO51200はPCでのノイズ処理前提なら難なくA3プリントまで使えます。
ISO102400は、WebのUP程度なら、なんとか使えるでしょう・・・。

実効感度がD4sより1.3EVは高感度側がupしてるので、夜撮してるんだけど昼の明るさで吐き出してくるJpeg画像にはビックリします。
まぁ~普段はRAW専門で撮影してますので、あまり関係ないですが・・。

では、何枚かupを
a0278951_1814878.jpg

2015/4/9 19:22
D5+AF-S 200mm f/2G ED VRⅡ+TC1.4Ⅲ
1/400s f/3.2 ISO102400

a0278951_1825726.jpg

2016/4/9 19:46
D5+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
1/160s f/2.8 ISO51200

a0278951_1835141.jpg

2016/4/9 19:40
D5+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
1/100s f/2.8 ISO25600

a0278951_1845198.jpg

2016/4/9 19:57
D5+AF-S 200mm f/2G ED VRⅡ
1/80s f/2 ISO12800

a0278951_1854937.jpg

2016/4/9 19:09
D5+AF-S 200mm f/2G ED VRⅡ
1/80s f/2.8 ISO6400

光量の少ないシーンでは・・

by dreamconcorde | 2016-04-10 18:22 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(3)
2015年 07月 21日

nikon New fluorite lens 3本

2015年(平成27年)7月

2年前に、ニコンから800mm f/5.6レンズが発売されて以来、単焦点望遠レンズのリニューアルが続いてたのですが、先日発売があった500mmと600mmのレンズで完了。

キヤノンは、数年前に一挙に300mm 400mm 500mm 600mmを更新しましたが、ニコンは一度にはしなかったんですね~。

僕は、2014年にキヤノンからニコンへ鞍替え。
それまではキヤノンの300mm f/2.8L ISと500mm f/4L ISと2本の単焦点レンズ+ニコンの80-400mm 70-200mmを中心に併用してました。

2014年4月には800mm f/5.6の納品に10ケ月待ちの末に2014年4月に納品されて200mm f/2Gを追加し、80-400mm 70-200mmは更新。
8月には400mm f/2.8Gも新型のFLタイプに更新。

そして今年、待ってた600mmを追加。
これで、僕の思い描いた望遠レンズのラインナップは完了し800mm>600mm>400mm>200mm これに1.4テレコンを組み合わせて昼から夜まで撮影出来るようになりました。

今回のレンズの特徴はfluorite lens、フッソコート、ナノクリスタルコート、Sport mode VR、そして最大の長所は軽量化と言う事。

一昔前までは600mmで手持ちは剛腕が無いと出来ない5060g。
それが今回は3810gと手持ちokなんですねー。

と言うわけで記念写真をば。
a0278951_16573652.jpg

左から200mm f/2G ED VRⅡ>400mm f/2.8E FL>600mm f/4E FL>800mm f/5.6E FL

a0278951_1658449.jpg
 
新型かた持つ部分の根本○○mmと記載がされるようになりました。

a0278951_16593215.jpg
 
フードの長さ比べ
左から600mm HK-40>800mm HK-38>400mm HK-38
フードの長さが違うのは見ればわかるのだが、800mmと400mmは型番こそ同じですがフード先端のゴムの形状が改良されてます。
折り返しが長いんですね~これもゴムが外れるとの苦情対策でしょうか?

a0278951_171397.jpg

左400mm 800mmフードかぶせ  右600mmフードかぶせ

600mmからフードかぶせが改良されてヒモで縛ると言う作業が要らなくなりました。
これはありがたい。
キヤノンのフードかぶせと似たような感じで直ぐに脱着できるのがいいですね~。

これが400mm 800mmのタイプのフードかぶせだと ヒモを縛るプラスチック形状の物がレンズ面に当たりそうで気を使いますので。

by dreamconcorde | 2015-07-21 17:07 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(0)
2015年 07月 18日

nikon AF-S 600mm f/4E FL ED VR

2015年(平成27年)7月

NIKONから、蛍石2枚、EDレンズ4枚 を採用したAF-S 600mm f/4E FLレンズが発売されて・・・発表から発売まで短時間だったのが驚かされました。


800mm f/5.6E FLの二の舞はゴメンなので発表前から行きつけのカメラやには事前予約してまして、今回は初回出荷分で納品されてホットしている所です。

と言うわけで早速試写へ・・・
a0278951_18571215.jpg



a0278951_18223160.jpg

2015/7/18 7:48
D4s+AF-S 600mm f/4E FL ED VR
1/160s f/6.3 ISO50(Low-1)
VR Sportモードの効きは抜群。
ファインダー覗いて、従来の蹴られる感じが激減。
キヤノンのISに似てきたかな?


a0278951_18232423.jpg

2015/7/18 7:20
D4s+AF-S 600mm f/4E FL ED VR
1/1000s f/4 ISO100
開放値ではさすがに周辺減光は出ますけど、十分補正の範囲内

a0278951_18263973.jpg

2015/7/18 7:32
D4s+AF-S 600mm f/4E FL ED VR
1/640s f/4 ISO100
トリミングしてもなんとか解像感が残ってる~。このあたり400mm FLとは違う所。
400mmでトリミングだと、解像感残らないですよ・・?なぜかな?

a0278951_18282175.jpg

2015/7/18 8:55
D4s+AF-S 600mm f/4E FL ED VR+TC1.4Ⅲ
1/1000s f/6.3 ISO100
1/3EVだけ絞ってテレコン装着撮影。
若干?収差による影響か?解像感が出ないなぁ~

a0278951_18295110.jpg

2015/7/18
D4s+AF-S 600mm f/4E FL ED VR
1/1250s f/6.3 ISO100

大きなサイズの画はこちらから

by dreamconcorde | 2015-07-18 19:03 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(0)
2015年 01月 25日

COLOR Edge CG277

2015年(平成27年)1月

前々から気になっていた、モニターでの色がプリントで出ない悩み・・・。
そして、自分がレタッチした色合いがweb上でどんな色で見えてるのか?。
これを解決したいと長年思ってまして、今ままででは撮影仲間に どのような色合いに見えてるか?聞いてからモニターの色合い、明るさを固定してました。

これを解決するには、モニター、プリンターの共通のICCプロファイルが必要。
さらに、光源でも大きく色合いが異なることから、キャリブレーションセンサー内蔵式のモニターが欲しいと思い始めたら・・・最後。またもや物欲炸~裂!!

直ぐにモニター選びが始まり、24型?27型??
27型の在庫を探した所、ヨドバシ.COMにあることが判明!ポチリと押してから2日で到着!
a0278951_1502789.jpg


デカイ箱だわさ・・・(汗!)

a0278951_1515524.jpg

お約束の開封の儀!

a0278951_1522218.jpg

フード取り付け状況!

a0278951_1525425.jpg

1台、1台に添付されるデータシート

a0278951_1535212.jpg

写真鑑賞モード!

a0278951_1541623.jpg

印刷モード

a0278951_1543880.jpg

web向けモード

a0278951_1554100.jpg

そして、現像後の保存場面!
肝心な所、sRGBに変換に レ を入れとかないと、Adobeモニターの方には色が浅く見えるので。

実際、撮影時にRawモードでsRGBにて撮影していてもPhotoshopで現像時には自動でAdobeカラーモードになってますので安心!
ブルー~グリーン系の色域が広がったので、この色域を確認できるAdobeモニターは、今までのsRGBモニターとは明らかに違いました。
>
総評としては、今までのsRGBモニターと5000k輝度のAdobeモニターとの比較では・・・。
1、輝度設定(5500~6500kくらい?)がノーマル、Winfows7の色合わせ機能をつかって合わせても、明るいと言う事
2、ブルー、シアン系、グリーン系の色域が鮮やかに、色深く見えるadobe RGB色域のモニター
3、全体的にブルー系が強いと言う事

そして、今度はPhotoshop ccの色校正の設定でもICCプロファイルを設定してあげないとプリンターとの色合わせで微妙な違いがでると言う事は、意外と知られていない事

続く・・・。

by dreamconcorde | 2015-01-25 15:14 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(2)
2015年 01月 05日

夜撮時におけるNoise処理は?

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


by dreamconcorde | 2015-01-05 19:29 | カメラ、レンズ、機材
2014年 12月 20日

AF-S 200mm f/2G ED VRⅡインプレッション

2014年(平成26年)4月

ヒコーキ撮影で夜、撮影するには高感度ISOが使えるボディと明るいレンズが定番。
その代表的なレンズは70-200mm f/2.8などのズームと手振れ補正を組み合わせたレンズ。
a0278951_20474936.jpg
←さらに、究極の明るさ、もう一絞りの明るさが欲しいとなると、一機に価格は60万超えの200mm f/2単焦点レンズとなる。





















a0278951_20494742.jpg
←見た目からも短い全長とデカイ銅鏡、実際持って構えてみると非常に重さを感じる。気合い入れて構えないと手首を痛めますな・・・。

a0278951_20531285.jpg


a0278951_20571936.jpg

2014/4/19 20:43
D4s+AF-S 200mm f/2G ED VRⅡ
1/60s f/2.2 ISO12800

a0278951_20585944.jpg

2014/4/19 19:34
D4s+AF-S 200mm f/2G ED VRⅡ
1/50s f/2.2 ISO12800

送迎デッキから街中を絡めて。


a0278951_2102876.jpg

2014/4/19 19:47
D4s+AF-S 200mm f/2G ED VRⅡ
1/200s f/2 ISO51200

開放値f/2で感度ISO51200でも、荒れない画質はフルサイズと明るいレンズでの組み合わせで実現する

a0278951_2002619.jpg

2014/12/14 17:56
D4s+AF-S 200mm f/2G ED VRⅡ
1/50s f/2.5 ISO12800

オレンジ色のチェジュエアーは夜でも目立つ。目立たない夜の構図のアクセントは色かも?

a0278951_20264269.jpg

2014/5/31 21:06
D4s+AF-S 200mm f/2G ED VRⅡ
1/125s f/2.2 ISO25600

0番の丘から、スピード感を出すために、金網も構図の中へ入れる!

さらに、感度を上げてみる

by dreamconcorde | 2014-12-20 23:58 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(0)
2014年 11月 28日

AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR 3ケ月使用したインプレッション(2016/5/1加筆)

2014年(平成26年) 8月

a0278951_22343073.jpg
待ちに待ったNewヨンニッパが納品されました。
前モデルのAF-S 400mm f/2.8G ED VRの使用期間は、僅か1年と半年くらい。

ジャンボの引退1年前に導入して、毎夜~使ってました。
今となっては・・・三脚なしで手持ち時の重さに苦労したとか、三脚座がキヤノンレンズ群とは反対出しとか、フードが2段で使いづらいとか、まぁ~いろいろと短所を並べたらきりありませんが・・・これもいい思い出。

今回、新型のヨンニッパには、蛍石2枚+EDレンズ2枚で大幅な軽量化とバランスの最適化が最大の売りと思います。

a0278951_2093366.png










←旧400mm
MTF曲線
EDレンズ3枚で よー頑張ったです!





















←新400mma0278951_20103977.png

導入して3ケ月たち、前モデルとの比較した印象を・・・。
MTF曲線も向上しているし、TC1.4Ⅲ使用前提でも解像度は維持しているように感じます。
蛍石2枚+EDレンズ2枚の組み合わせは すごーお!



























まず、新型は
①軽くてレンズの前後バランスが良い。長時間の撮影にも使えると言う事です。
むしろ、バランスの悪さで言えばAF-S 200mm f/2G ED VRの方が重くて、全長が短くてレンズ先端部の重さを直接感じます。
気を付けないとVR220は手首を痛める恐れありますね~。
新型蛍428は とても3.8Kgとは思えない軽さです。


a0278951_19272948.jpg
←AF-S 400mm f/2.8G ED VRは2段式フード(写真は旧型の2段式フード)
②フードが2段式から1段式になり、早着の時間短縮になり、これはいいですね~。
a0278951_22361915.jpg
















←HK-38  左400mm f/2.8E 右800mm f/5.6E
フードその物はHK-38でAF-S 800mm f/5.6E FL ED VRと同じ品番なのですが、フード先端部のゴムが厚くて、はがれ難い対策をとってると思います
同じHK-38でもVR856の方はゴムが薄く、はがれやすいとの指摘を受けてましたのでニコンとしても対応したのでしょう!

a0278951_22365182.jpg















③三脚座の形状が、レンズ早着面からレンズ前面へむけて持つタイプに変更になったので持ち歩きしやすく、すぐに構える事が出来ます。


















④手振れ補正は懐疑的です・・・。これは残念ながらキヤノンEFレンズと比較した場合、手振れ補正しながらファインダーで被写体を追う。そしてシャッターを切る!までは、似たり寄ったりの動作ですが、一番の違いは、撮影あと、見てみると、ファインダー覗いてシャッター切った瞬間は確かに中央にいた被写体が、端っこに居たりして???。

ニコン特融の露光前センタリングが悪さをしているような感じ・・・。
特に、AF-S 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRを使ってると、特に感じられます。
この点は、旧型モデルのVR80-400 VR428の補正動作(ノーマル)の方が自然で使いやすく、現像時もシャッター切った位置に被写体が居ますので良かったと思います。
蛍428のsport mode VRは、その欠点を解消してますけど。
さらにD5で連続撮影時にファインダー覗くと、sport mode VRは効いてますよ!(2016/5/1)

⑤注目の蛍石2枚+EDレンズ2枚による画質向上は・・・スンゴーいですよ。
望遠マクロレンズといっても過言ではありません。
時に旧モデルより優れてると思う点は、遠景で被写体の小さい物の構図の時は素晴らしい解像感を提供してくれます。

それと、絞り開放f/2.8から1/3絞ってf/3.2の時の画質の差(収差フレアー)が旧型VR428と比べて少なく、解放f/2.8から躊躇することなく使えます。
今までのGタイプVR428は、解放f/2.8はレンズ中心点付近の画質は解像して素晴らしかったのですが、周辺に向かうにつれて,だんだん象が流れて行き不鮮明(微妙な感じ)でした。
この旧型の欠点からは、大きく進歩してますので、安心してf2.8から使えます。

a0278951_2023313.jpg
2014/8/30 19:50
D4s+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
1/60s f/3.5 ISO25600
今やヒコーキ夜な夜な撮影では大活躍してます!

a0278951_20235034.jpg
2014/8/30 17:40
D4s+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
1/250s f/9 ISO100
もちろん昼間の撮影も!

a0278951_20583419.jpg

2016/4/29 20:02
D5+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
2s f/5.6 ISO100
バルブ撮影も

ISO51200の画は・・・

by dreamconcorde | 2014-11-28 21:24 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(2)
2014年 11月 01日

サヨナラ キヤノン機材

2014年(平成26年) 11月

1996年からスタートした一眼レフカメラはニコン。
ニコン一筋~2002年にD100でデジタルへ全面移行。
その間もニコン一筋。

ところが、D2Hでニコンの画質に疑問を抱き、D200で決定的に・・・。
そして始まったキヤノンとの併用。

イチ時期は、キヤノンへの全面移行も考えたが、ズームレンズ80-400 70-200mmはニコンの方のカリッとした画質が気になって使っていた。

結局、白玉使ったのは328と540だけだったけど、数々の素晴らしいシーンにも出会って撮らせてくれた。
単焦点レンズならではの描写力と迫力は、とても勉強になりました。

だけど、昨今の一眼デジの高画素競争への対応するレンズ性能が追いつく事が難しく、特に夜撮影時に悩むゴースト、フレアーは何ともしがたく・・・。

ニコンのナノクリスタルコートを奢った玉への憧れが強くなるばかり・・・。
福岡でのジャンボの夜撮には絶対フルサイズ+428が絶対条件のラスト1年。

2013年5月からニコンAF-S400mm f/2.8G ED VRを導入あとは、キヤノン機材の運用が激減。
ズームレンズの80-400mm や 70-200mmもモデルチェンジでナノクリスタルコートを奢り、使ってみると・・・もはやキヤノン機材の出番はなかったです。

結局、ニコンへ1本化を決断しました。
本当は、撮影場面、でカメラ、レンズをメーカー問わず使い分けるのが良いのでしょうけど・・・。

キヤノンはEOS 30D EOS 50D EOS 7Dと使いました。
記憶色、印象強い色彩は、年々気象条件が悪くなる日本には向いていたと思います。

反面、ニコンのレンズの発色は、地味ですがカリットしてます。昔ながらの伝統ですね~。


a0278951_22184844.jpg


今まで8年間、ありがとう!キヤノン機材。

by dreamconcorde | 2014-11-01 22:25 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(0)
2014年 10月 05日

PowerShot G7X

2014年(平成26年)10月

発売間もない1インチセンサー搭載のコスデジ PowerShot G7Xを購入した。
コスデジは、ニコンのP5000→DMC LX3→P7100と使って、この内、LX3とP7100は現役。

LX3は広角24-75mmでレンズかf/2.0~。もっぱら仕事用になってます。
P7100は28mm-200mmでf/2.8~。こちらも仕事と昼間の街角スナップで使ってます。

そろそろLX3も古いのであちこち痛みが激しくなってきたので、次期コスデジを探していた所に今回のキヤノンからの発表。

ソニーのRX100Mk3を候補にしていたのですが、どうしても24mm-75mmの焦点距離がネックに。
Power Shot G7Xは24mm-100mmでデジタルテレコンで×2の200mmまで画像濾過が少なくて、行けるそうです。

さらに、75mm周辺ではPowerShot G7Xの方が1/3絞り明るい数値を示すそうで、これまた魅力?
RX100mk3のISO25600高感度マルチshotのノイズリダクションみたいな機能は有りませんが、このあたりはどうでしょ?

センサーはソニーの物らしいので基本的な画は似たような特性なのでしょう。

a0278951_18512213.jpg

実売価格もRX100mk3より10000円近く安かったし~!

a0278951_18515210.jpg

オリンパスみたいに色んな色彩は無いが、まぁ~それなりに・・・。

a0278951_1852237.jpg

1回のシャッター操作で6回シャツターが切れて、ごらんのとおり!効果がいろいろですね。

これで、夜スナップが出来ますね~・・。
前回の夜スナップは首からD3s+TM28-75mmだったので重かった・・回りからも警戒されたので。

さぁ~いつ出かけるかな?
仕事に使うにはもったいない(笑)?

撮ってだしの今空は・・・。

by dreamconcorde | 2014-10-05 18:58 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(7)