<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 28日

AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR 3ケ月使用したインプレッション(2016/5/1加筆)

2014年(平成26年) 8月

a0278951_22343073.jpg
待ちに待ったNewヨンニッパが納品されました。
前モデルのAF-S 400mm f/2.8G ED VRの使用期間は、僅か1年と半年くらい。

ジャンボの引退1年前に導入して、毎夜~使ってました。
今となっては・・・三脚なしで手持ち時の重さに苦労したとか、三脚座がキヤノンレンズ群とは反対出しとか、フードが2段で使いづらいとか、まぁ~いろいろと短所を並べたらきりありませんが・・・これもいい思い出。

今回、新型のヨンニッパには、蛍石2枚+EDレンズ2枚で大幅な軽量化とバランスの最適化が最大の売りと思います。

a0278951_2093366.png










←旧400mm
MTF曲線
EDレンズ3枚で よー頑張ったです!





















←新400mma0278951_20103977.png

導入して3ケ月たち、前モデルとの比較した印象を・・・。
MTF曲線も向上しているし、TC1.4Ⅲ使用前提でも解像度は維持しているように感じます。
蛍石2枚+EDレンズ2枚の組み合わせは すごーお!



























まず、新型は
①軽くてレンズの前後バランスが良い。長時間の撮影にも使えると言う事です。
むしろ、バランスの悪さで言えばAF-S 200mm f/2G ED VRの方が重くて、全長が短くてレンズ先端部の重さを直接感じます。
気を付けないとVR220は手首を痛める恐れありますね~。
新型蛍428は とても3.8Kgとは思えない軽さです。


a0278951_19272948.jpg
←AF-S 400mm f/2.8G ED VRは2段式フード(写真は旧型の2段式フード)
②フードが2段式から1段式になり、早着の時間短縮になり、これはいいですね~。
a0278951_22361915.jpg
















←HK-38  左400mm f/2.8E 右800mm f/5.6E
フードその物はHK-38でAF-S 800mm f/5.6E FL ED VRと同じ品番なのですが、フード先端部のゴムが厚くて、はがれ難い対策をとってると思います
同じHK-38でもVR856の方はゴムが薄く、はがれやすいとの指摘を受けてましたのでニコンとしても対応したのでしょう!

a0278951_22365182.jpg















③三脚座の形状が、レンズ早着面からレンズ前面へむけて持つタイプに変更になったので持ち歩きしやすく、すぐに構える事が出来ます。


















④手振れ補正は懐疑的です・・・。これは残念ながらキヤノンEFレンズと比較した場合、手振れ補正しながらファインダーで被写体を追う。そしてシャッターを切る!までは、似たり寄ったりの動作ですが、一番の違いは、撮影あと、見てみると、ファインダー覗いてシャッター切った瞬間は確かに中央にいた被写体が、端っこに居たりして???。

ニコン特融の露光前センタリングが悪さをしているような感じ・・・。
特に、AF-S 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRを使ってると、特に感じられます。
この点は、旧型モデルのVR80-400 VR428の補正動作(ノーマル)の方が自然で使いやすく、現像時もシャッター切った位置に被写体が居ますので良かったと思います。
蛍428のsport mode VRは、その欠点を解消してますけど。
さらにD5で連続撮影時にファインダー覗くと、sport mode VRは効いてますよ!(2016/5/1)

⑤注目の蛍石2枚+EDレンズ2枚による画質向上は・・・スンゴーいですよ。
望遠マクロレンズといっても過言ではありません。
時に旧モデルより優れてると思う点は、遠景で被写体の小さい物の構図の時は素晴らしい解像感を提供してくれます。

それと、絞り開放f/2.8から1/3絞ってf/3.2の時の画質の差(収差フレアー)が旧型VR428と比べて少なく、解放f/2.8から躊躇することなく使えます。
今までのGタイプVR428は、解放f/2.8はレンズ中心点付近の画質は解像して素晴らしかったのですが、周辺に向かうにつれて,だんだん象が流れて行き不鮮明(微妙な感じ)でした。
この旧型の欠点からは、大きく進歩してますので、安心してf2.8から使えます。

a0278951_2023313.jpg
2014/8/30 19:50
D4s+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
1/60s f/3.5 ISO25600
今やヒコーキ夜な夜な撮影では大活躍してます!

a0278951_20235034.jpg
2014/8/30 17:40
D4s+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
1/250s f/9 ISO100
もちろん昼間の撮影も!

a0278951_20583419.jpg

2016/4/29 20:02
D5+AF-S 400mm f/2.8E FL ED VR
2s f/5.6 ISO100
バルブ撮影も

ISO51200の画は・・・

by dreamconcorde | 2014-11-28 21:24 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(2)
2014年 11月 22日

空飛びドーナツを食す

2008年(平成20年)11月

この頃は・・・エンジンから赤いドーナツが出る画を撮影するのが流行していて、いろんなシーンを追ってたな~。

今みたいにISO25600やISO51200が使える時代と違ってノイズと露出、それに撮影あとのノイズ処理技術のすべてを計算に入れて撮影セッティングしてなぁ~。

a0278951_1954176.jpg

2008/11/11 20:40
EOS 50D+EF300mm f/2.8L IS USM
1/25s f/2.8 ISO12800

by dreamconcorde | 2014-11-22 19:00 | 夜撮 | Comments(2)
2014年 11月 15日

今季2度目の朝イチEND隊 11月

2014年(平成26年)11月11日

今季2度目の朝イチEND隊結成!
夜勤明けの体にムチ打って出撃する。
目的は、11/11からTGがA330→B788へ機種変更による朝イチLandingシーンが撮影できるからである。

その特徴的な主翼のしなり。
4枚窓のコックピット。

国内線のANA機材でB788のLandingシーンを撮れるのは速くても9:00台。
今回のTGは8:00台、場合によっては7:00台のシーンが狙える。
この時期特有の浅い光がコックピットを、機体下部を照らす・・・これ醍醐味です。

a0278951_20313998.jpg

2014/11/11 7:38
D4s+AF-S 800mm f/5.6E FL ED VR+TC1.4Ⅲ=1120mm
1/250s f/9 ISO200
主翼のしなりがいいね~!


a0278951_20315992.jpg

2014/11/11 7:39
D4s+AF-S 800mm f/5.6E FL ED VR+TC1.4Ⅲ=1120mm
1/320s f/9 ISO200
特徴的な4枚の窓。こちらを睨みつけるような感じだぁ~。


a0278951_20345736.jpg

2014/11/11 7:38
D7100+AF-S 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/400s f/7.1 ISO200


a0278951_20354989.jpg

2014/11/11 7:45
D4s+AF-S 800mm f/5.6E FL ED VR+TC1.4Ⅲ=1120mm
1/320s f/9 ISO200
軽い朝霧だろうか・・・。

上りのシーンはこちらへ

by dreamconcorde | 2014-11-15 18:00 | 朝イチEND隊 | Comments(2)
2014年 11月 08日

2014年度、3回目の山岳登山隊・・・R/W34

2014年(平成26年)10月

今季3回目の登頂で、やっと念願叶ってのビジュアル34運用。
2年ぶりの34運用での撮影かな。
前回は、たしかANAジャンボの追い求め続けての山頂アタックでした。

今季はジャンボも居ないし・・・おもしろみ半減?いや、狙いはいっぱい見えてきました。
不思議と、一つの事に捉われると、写真って面白くなくなってきます。
目的のジャンボが居ないからこそ、回りの被写体が見えてきた・・・皮肉です(笑)。

前日からの夜勤が4:00で終了!ひと眠りしたら8:50に起きて・・・ゴーゴーヒコーキのエンジン音が聞こえる。あわてて無線を入れるとビジュアル34運用!
アラート出撃!と言う次第です;。
山頂に到着した時は10:00前、ちょうど、福岡空港のラッシュ前です。

では、早速!


a0278951_201017.jpg

2014/10/4 12:29
D4s+AF-S 800mm f/5.6E FL ED VR
1/1250s f/8 ISO200

a0278951_20104560.jpg

2014/10/4 11:51
D4s+AF-S 800mm f/5.6E FL ED VR
1/1250s f/8 ISO200

a0278951_20115035.jpg

2014/10/4 11:06
D4s+AF-S 800mm f/5.6E FL ED VR
1/1250s f/8 ISO800

a0278951_2013479.jpg

2014/10/4 12:29
D4s+AF-S 800mm f/5.6E FL ED VR
1/1250s f/8 ISO200

B787-9の上りのシーンはこちらから

by dreamconcorde | 2014-11-08 15:45 | 山岳登山隊 | Comments(2)
2014年 11月 01日

サヨナラ キヤノン機材

2014年(平成26年) 11月

1996年からスタートした一眼レフカメラはニコン。
ニコン一筋~2002年にD100でデジタルへ全面移行。
その間もニコン一筋。

ところが、D2Hでニコンの画質に疑問を抱き、D200で決定的に・・・。
そして始まったキヤノンとの併用。

イチ時期は、キヤノンへの全面移行も考えたが、ズームレンズ80-400 70-200mmはニコンの方のカリッとした画質が気になって使っていた。

結局、白玉使ったのは328と540だけだったけど、数々の素晴らしいシーンにも出会って撮らせてくれた。
単焦点レンズならではの描写力と迫力は、とても勉強になりました。

だけど、昨今の一眼デジの高画素競争への対応するレンズ性能が追いつく事が難しく、特に夜撮影時に悩むゴースト、フレアーは何ともしがたく・・・。

ニコンのナノクリスタルコートを奢った玉への憧れが強くなるばかり・・・。
福岡でのジャンボの夜撮には絶対フルサイズ+428が絶対条件のラスト1年。

2013年5月からニコンAF-S400mm f/2.8G ED VRを導入あとは、キヤノン機材の運用が激減。
ズームレンズの80-400mm や 70-200mmもモデルチェンジでナノクリスタルコートを奢り、使ってみると・・・もはやキヤノン機材の出番はなかったです。

結局、ニコンへ1本化を決断しました。
本当は、撮影場面、でカメラ、レンズをメーカー問わず使い分けるのが良いのでしょうけど・・・。

キヤノンはEOS 30D EOS 50D EOS 7Dと使いました。
記憶色、印象強い色彩は、年々気象条件が悪くなる日本には向いていたと思います。

反面、ニコンのレンズの発色は、地味ですがカリットしてます。昔ながらの伝統ですね~。


a0278951_22184844.jpg


今まで8年間、ありがとう!キヤノン機材。

by dreamconcorde | 2014-11-01 22:25 | カメラ、レンズ、機材 | Comments(0)
2014年 11月 01日

Power shot G7X 風景スナップ

2014年(平成26年)10月

発売日に購入した1インチセンサーのコスデジ G7X。
主に仕事に使ってますが、仕事の合間に田舎の風景shotを撮影できたのでupしてみますぞよ。
お気に入りの機能のひとつに、1回のレリーズで効果の違う数種類の画が出てくる機能・・・。結構気に入ってます。

まずは、標準がこのシーン
a0278951_2014390.jpg

Canon Powershot G7X

a0278951_20144899.jpg

Canon Powershot G7X

a0278951_2015111.jpg

Canon Powershot G7X


a0278951_20162178.jpg

Canon Powershot G7X

a0278951_20172640.jpg

Canon Powershot G7X

a0278951_20174254.jpg

Canon Powershot G7X

川底が見える・・・HDR効果の画は

by dreamconcorde | 2014-11-01 18:00 | スナップ | Comments(0)