2016年 02月 25日

短コブ ジャンボの存在

2004年(平成16年)9月

この頃、ハイテクの-400ジャンボは継続運用とのアナウンスがあったが、古い3名運航のジャンボの退役が進んで、トリプルセブンに置き換わっていった時期。

残し少ない運航時間のシーンを少しでも残そうと追っかけてたクラシックジャンボの存在は大きかった。
アッパーデッキが短いジャンボは、やはり当初の設計思想、原型でありボディラインはヒコーキの王様だったと今でも思う、

a0278951_9201314.jpg

2004/9/12 10:13
D2H+AiAF VR 80-400mm f/4.5-5.6D ED
1/750s f/8 ISO200

by dreamconcorde | 2016-02-25 20:32 | ジャンボ | Comments(0)


<< 0番スポットの丘の魅力は・・・      最適の写真現像&レタッチ環境と... >>